会社設立 印鑑

会社設立に必要な印鑑とは?

会社設立に必要な印鑑はどのようなものでしょうか?

最低限必要な印鑑は「会社代表印」「銀行印」「角印」です。
それぞれの使い道について説明をしたいと思います。

会社設立に必要な印鑑の使い道

会社代表印の使い道

まず会社の代表者印があります。
これは会社の実印で、大きさは10mm以上30mm以下と決まっています。

印鑑の形は丸で、外枠と内枠があり、外枠に会社名がぐるっと一周するように彫ります。
内枠には代表取締役印と彫ります。

法人用銀行印

銀行印は法人の口座開設用に使います。
代表者印と兼用すると安全対策上良くないので、別に作る方が良いでしょう。

業務の際に紛らわしいと困るので、代表者印と銀行印は素材や色を違えるなどするとその後使いやすいでしょう。

角印

登録に必要ではありませんが、角印も作った方が良いです。
領収書や請求書などに押印する、日常的な業務に使用します。

個人で言う「認印」のような役割です。
他に、ゴム印の横版で社名、住所、電話番号、代表者名(取り外せるものもあります)があると便利です。